ガルバーニブランドについて

ガルバーニの歴史

1882 - 1919

19世紀後半のイタリア北部、パラビオ村でエギディオ・ガルバーニはイタリアのチーズ産業に革命を起こしました。彼の最初の野望は、それまでにイタリアの地方で作られていたイタリア産チーズを、フランス産のチーズと同等なほどに高品質にすること。父親ダビデの力を借り、エギディオ・ガルバーニはフランスのブリーチーズに似た"ロビオラ・ガルバーニ"を作ることで、最初の成功を収めました。これにより、彼の名はイタリア人グルメの間で急激に広まり、以来、着実にチーズの専門会社としてその業績をのばしてきました。

ガルバーニの歴史「1882 - 1919」イメージ画像

ガルバーニの名声はすぐにも国境を越えました。パラビオ村の搾乳場で作られたチーズは、パリ、ミュンヘン、ブリュッセル、ミラノおよびペローナの貿易見本市に出展され、国際的評価を得ました。1906年、エギディオ・ガルバーニは熟成ハードチーズ「べルパエーゼ」の製造に成功し、そのチーズの味と品質は世界中で認知されるようになりました。

ガルバーニの歴史「1882 - 1919」イメージ画像

また、搾乳場をマッギアニコとミラノの側のメルゾに2箇所増設することで会社の規模も増し、その後メルゾを理想的チーズ製造の地として、本社をメルゾに移しました。メルゾの工場は以来50年以上にわたってガルバーニの中心としての存在を守り続けています。

ガルバーニの歴史「1882 - 1919」イメージ画像

第一次大戦の大惨事にも関わらず、ガルバーニは規模拡大を怠ることはありませんでした。消費者には14種類のチーズを提供し、洗練されたカタログと共に商品のプロモーションを図り続けてきました。
第一次大戦後、Egidio Galbani Company と社名を代え、ガルバーニは株式会社として再出発しました。

ガルバーニの歴史「1882 - 1919」イメージ画像

1920 - 1949

1920年にはメルゾの工場だけではガルバーニの生産は追いつかなくなり、1925年にメルゾ近郊のセルトサ・ディ・パピアとコルデオロナにも支店を増設。カサレ・クレマスコの工場も、この時期に完成しました。

ガルバーニの歴史「1920 - 1949」イメージ画像

会社の飛躍的な拡大と発展は、工場の物理的規模だけでなく、豊富な商品数や生産技術などにも由来します。
1928年、塗るチーズを発売。その斬新な商品はイタリアのチーズ業界に大きなインパクトを与えることになりました。その間にも、新製品を次々と開発し、市場に売り出しました。
1930年代に、柔らかチーズのCertosaとCertosinoを発売したガルバーニは会社の規模拡大を続け、チーズ業界の中では疑われること無く業界トップにまでのし上がったのです。
1934年には、千人以上に及ぶ従業員により日々160,000リットルもの牛乳が搾られ、イタリア国内に56箇所に渡りチーズ貯蔵工場は広がり、ネットワークは同様に拡大していきました。

ガルバーニの歴史「1920 - 1949」イメージ画像

ガルバーニマークの入った配送車は、やがてイタリア全国各地のいたる所に、その新鮮で美味しいチーズを届けるようになりました。
その後、ガルバーニはイタリアの国境を超え、海外に4つの子会社と108の代理店を構え、フランス、アメリカ、アルゼンチンに至るまで活動範囲を広めると同時に、肉産業にも参入しました。1936年にメルゾ工場に豚肉加工工場を設立した後、養豚ビジネスにも参入し始めました。

ガルバーニの歴史「1920 - 1949」イメージ画像

1950 - 1979

1950年代に入っても、会社の規模は拡大を続けました。メルゾの肉加工工場である、サルミフィシオ・メルゼセ工場は、ガルバーニに全面的に参入。第二次大戦後の経済ブームに乗り、規模拡大のペースはとどまりませんでした。5千人以上の従業員が一日に搾取する牛乳の量は70リットルを超え、世界52カ国の人にガルバーニの文化が広まるようになりました。

ガルバーニの歴史「1950 - 1979」イメージ画像

1957年には、商品の中でも最も良く知られたサンタルチア・モッツアレラチーズが製造開始となり、1960年には本社をミラノ中心に移転。更なる成長を続ける時代の幕開けとなりました。

ガルバーニの歴史「1950 - 1979」イメージ画像

テレビのコマーシャルでも、"ガルバーニ=信用"というスローガンが流れ、多くのイタリア人に愛されるようになりました。

ガルバーニの歴史「1950 - 1979」イメージ画像

1980 - 2005

80年代はガルバーニの歴史を振り返っても、決定的な転機といえるでしょう。加工肉工場がメルゾに作られたあと、1989年にDANONEグループに加わったのです。ガルバーニが培ってきたイタリアの伝統は、国際的信用を構える会社との結合により、更に大きな発展へと繋がりました。ガルバーニは、日用食品業界と加工肉業界の中ではイタリアの主導的存在となり、ヨーロッパ市場においては更にその存在力を増しました。

ガルバーニの歴史「1980 - 2005」イメージ画像 ガルバーニの歴史「1980 - 2005」イメージ画像

2006 -

2006年にはチーズ業界世界第1位のラクタリスグループの傘下に。2年後の2008年には、ラクタリス イタリア グループを設立し、ガルバーニはもちろん、インヴェルニッツィ、カデマルトーリなどのイタリアを代表する歴史的ブランドを販売。ガルバーニをここまで成長させたのは、イタリア独特のアイデンティティー、食品生産者としての経験、そして消費者から支持された国際的信用にあります。

そして、2012年にガルバーニは130周年を迎えました。これからも、イタリアン・アイデンティティーのみならず、様々な苦労と成功と共に歩み続けたガルバーニ ブランドとして、皆様の食卓を彩る一品としてお楽しみいただける事を願っております。

ガルバーニの歴史「2006 -」イメージ画像