レシピ

APPETIZER

モッツァレラとキノコのオムレツ

Omlette mozzarella e funghi

所要時間 25 分

とろけるモッツァレラでごちそう感アップ!

モッツァレラとキノコのオムレツ

レシピを印刷する

作り方

  1. 1. キノコをよく洗い、細長くスライスする。
  2. 1. 熱したたっぷりのE.V.オリーブオイルにニンニクを加えて、5分弱火で炒めて香りを出す。ニンニクを取り出し、キノコを加えて炒め、キノコがしんなりしたら白ワインを追加する。
  3. 1. モッツァレラを細長く短冊状にカットする。ボウルに卵を割り入れ、フォークで卵黄と卵白を軽く混ぜ合わせる。(卵を混ぜ過ぎると火が通り過ぎてしまうため。)
  4. 1. 直径約25㎝のフライパンにバターを溶かし、溶き卵の1/4を流し入れ、約2分間中火で加熱する。中心部にキノコとモッツァレラをのせて、半月型に閉じて、弱火でさらに約3分間加熱放置する。
  5. 1. 同様に、他3人分をつくり、熱いうちに細かく刻んだチャイブを散らしてサーブする。

ポイント1:秋に旬を迎える卵を使って。

秋はキノコのハイシーズンですが、実は卵の旬でもあること、ご存知でしょうか。夏は人間同様に鶏もバテやすく、水を多く飲むため、卵も水っぽくなります。ところが、涼しくなると鶏の食欲も増進。エサをたくさん食べた鶏が産む卵は味が濃く、栄養価も高まります。この秋の卵と香り高いキノコに、温めるとミルキーさが濃縮される「ガルバーニ モッツァレラ」がよく合うのです。

ポイント2:アレンジ次第で冷めても美味に。

具を卵液に混ぜ込んで焼く、フリッタータにすれば、冷めてもおいしく、作り置きもできます。また、キノコをコンフィにしてから加えたり、ハーブや野菜を混ぜるなど、様々なアレンジが考えられます。卵液と具をセルクル型やココットに入れて、オーブンで焼いてもいいですし、その際、卵液にオリーブオイルを混ぜれば、フワッとした食感のスフォルマートに変身します。

材料(4人分)

  • 卵 6個
  • E.V.オリーブオイル 大さじ2
  • バター 適量
  • キノコ 300g
  • モッツァレラ125g 2個
  • ナツメグ 適量
  • ニンニク 1カケ
  • 白ワイン(辛口) ½杯
  • チャイブ 適量

前へ

次へ