レシピ

Secondo Piatto

ナスとトマトのグラタン

Parmigiana di melanzane

所要時間 95 分

人気も栄養価も高い!
 夏野菜とチーズのグラタン。

ナスとトマトのグラタン

レシピを印刷する

作り方

  1. 1. ナスを3-4㎜の厚さにスライスし、たっぷりのオイルで粉をつけたナスをよく色づくまで揚げる。オーブンペーパーの上で、ガーゼ等の柔らかい布で油気をふきとる。
  2. 1. 刻んだたまねぎを少量のE.V.オリーブオイルで炒め、トマトソースと香づけのバジルを加える。とろみがつくまで、弱火で10分ほど煮詰める。
  3. 1. モッツァレラはうすくカットし、パルミジャーノ・レッジャーノをすりおろす。
  4. 1. 耐熱皿(厚手のアルミの皿が好ましい)に、トマトソースを2杯入れ、組み立てる直前に塩をしたナスを並べる。各段のナスにモッツァレラとすりおろしたパルミジャーノ・レッジャーノ、コショウを振る。最後にナスをのせ、トマトソースをたっぷりかけて、パルミジャーノ・レッジャーノをふる。
  5. 1. 200℃のオーブンで30-40分間あたためる。(サービス前にぬるい状態に冷ましておく。)

ポイント1:夏バテ解消にもお役立ち!

ナスにトマト。夏を代表する野菜を使ったグラタンは、どの地方でもよく食べられる定番中の定番。100人マンマがいれば、100の味があるといわれています。また、ナスは体から余分な熱をとり、トマトはその皮に多く含まれるリコピン酸が紫外線からのダメージから肌を守り、チーズにたくさん含まれるアミノ酸は疲労回復効果が期待されます。バテやすい夏に、積極的にとりたい一品といえるでしょう。

ポイント2:さらに野菜を増やしても。

熱を加えることで旨みが濃縮されたモッツァレラとトロリと溶けたパルミジャーノと、みずみずしい夏野菜の組み合わせは、王道のおいしさ。玉ネギやズッキーニのざく切りを加え、カポナータ・バージョンでもアレンジもおすすめです。ホームパーティーの際には、大きなお皿でドーンとつくって好きな分だけ取り分けて。セルクル型を使えば、小洒落た一品に変身。冷やして冷製にしてもおいしく召し上がっていただけます。

材料(6人分)

  • ナス(大) 10本
  • トマトソース 1キロ
  • タマネギ 1/2個
  • ガルバーニ モッツァレラ 400g
  • ガルバーニ パルミジャーノレッジャーノ300g
  • バジル 1枚(お好みで)
  • 塩、コショウ、E.V.オリーブオイル

前へ

次へ