レシピ

Pasta

フレッシュリコッタのシシリア風ペンネ

Penne alla siciliana con ricotta

所要時間 45 分

みんな大好き、定番パスタソース
麺はショートでもロングでも

フレッシュリコッタのシシリア風ペンネ

レシピを印刷する

作り方

  1. 1. ナスを洗い、できるだけ同じ大きさのサイコロ状にカットする。塩を振り、苦い水分(灰汁)がでるまで、ザルにあげておく。
  2. 1. 浅鍋にたっぷりのE.V.オリーブオイルと、ニンニクを入れ、弱火で香りを出し、湯向きし皮をむいたトマトを加え、フォークでつぶれる位まで弱火で炊く。
  3. 1. 2.のトマトを裏ごしし、少し煮つめてとろみを出し、たっぷりのバジルの葉(少なくとも大10枚)を弱火でニンニクが柔らかくなったら、フォークの背でニンニクを細かくする。ちぎったバジルを加加え、塩と粗びきのこしょうで味を調える。
  4. 1. 弱火でソースを温めながら、ナスの塩を冷水でしっかり洗い取り、きれいなタオルで水気をしっかりふき取る。熱したピーナッツ油でうすく粉をつけたナスを揚げる。ペーパーの上にナスを広げて余分な油を切る。
  5. 1. ペンネ・リガーテを塩をしたお湯でゆでた後、火を止めたトマトソースに加える。リコッタを加えてなじませて、皿にナスと共に盛り付ける。

シチリアの名物パスタ

ナスにトマトというシチリアを代表する野菜を使っていることから「シチリア風」という名を冠したこの一品。作曲家、ベッリーニがシチリア出身であることから、彼のオペラ作品『ノルマ』にちなんで「ノルマ風」と呼ばれることもあります。ちなみにインドが原産ともいわれるナスは、中世にアラブ経由で「異教徒の食べ物」としてイタリアに伝えられ、ローマ法王の洗礼を施すことで、ようやく食べることを許されたとも言われています。

ミルキーなリコッタの風味がポイント

ガルバーニ リコッタのしっかりとしたミルクの風味が、トマトの酸味や揚げナスのコクと見事にマッチ。ナスはよく冷やしてから揚げると、さらにカリッと香ばしく仕上がります。リコッタチーズの水分をしっかり切って、旨みを凝縮させてもよいでしょう。水気を切ったリコッタをさらに燻製にかけて、サラダやパスタのトッピングに。シュレッダーで削れば、用途も広がります。

材料(4人分)

  • ペンネ 400g
  • ガルバーニ リコッタ 250g
  • ナス 2本
  • 湯むきしたトマト 500g
  • ニンニク 2片
  • バジル 10枚
  • E.V.オリーブオイル
  • ブラックペッパー
  • ピーナッツ油(揚げ油)

前へ

次へ