レシピ

Pizza

ピッツァ アルトアテジーナ

Pizza Altoatesina

所要時間 135分

暑い季節、冷たい白ワインに 北イタリア風ピッツァを合わせて

ピッツァ アルトアテジーナ

レシピを印刷する

作り方

  1. 1. カップに生イーストと砂糖をぬるま湯で溶かし、別のカップに塩を溶かしておく。台の上に泉状に粉を広げる。中心に溶かしたイーストと塩を注ぎ、そこにEVオリーブオイルを加える。周囲の粉と水を交ぜながらこねていく。
  2. 2. まとめた生地を表面がなめらかになるまで打ち付け、生地を包むようにこねる。
  3. 3. 生地にツヤとコシが出るまでこね上げ、丸めて、粉を打って調理用のふきんで包む。生地が2倍の大きさに膨らむまで、最低1時間寝かせる。
  4. 4. 3の生地を四等分にし、丸く伸ばす。E.V.オリーブオイルで味付けをしたトマトソースをぬり、塩、コショウを軽くふり、小さくカットしたガルバーニ モッツァレラをのせる。250°Cのオーブンで10分ほど焼く。仕上げに、スペック生ハムとブラックオリーブをトッピング。

ポイント1:伝統の燻製生ハムを使ったダイエット食 !?

このピッツァ、イタリア最北端に位置するアルプスの山々に囲まれたアルト・アディジェの伝統食、スペックと呼ばれる燻製生ハムを使うことから「アルト・アディジェ風」と名付けられました。実はイタリアでは素材がシンプルでオリーブオイルを使用するピッツァはダイエットフードという認識。あくまでイタリア人基準ですが、ひとりで直径30cmの生地を1枚ペロリと平らげても太らないとされています。

ポイント2:焼けば、モッツァレラの旨みがアップ。

トマトソースにオレガノを混ぜれば、いきなり南イタリア風に変身するなど、さまざまなアレンジが可能です。また、生ハムはスペックがなければ、普通のものでもOK。トマトの代わりにマスカルポーネを牛乳で薄く伸ばしたソースを使っても。ただし、載せるチーズはブッファラよりも、加熱することで旨みがグンと凝縮されるガルバーニ モッツァレラがおすすめです。

材料(4人分)

<ピザ生地 (直径約30㎝)>

  • 中力粉 1㎏
  • 塩 20g
  • 生イースト 50g
  • 砂糖 小さじ1
  • ぬるま湯 600ml
  • EVオリーブオイル 大さじ6

<材料>

  • ガルバーニ モッツァレラ 400g
  • スペック生ハム 400g
  • 裏ごししたトマト(生トマトも可) 400g
  • 種抜きブラックオリーブ 適宜
  • EVオリーブオイル 大さじ2
  • 塩コショウ 適宜

前へ

次へ