レシピ

Dolce

いちじくと蜂蜜のティラミス

Tiramisù fichi e miele

所要時間 15 分

赤ワインにも合う
旬のいちじくデザート。

いちじくと蜂蜜のティラミス

レシピを印刷する

作り方

  1. 1. 生のイチジクはスライスし、干しイチジクは角切りにする。
  2. 1. 卵黄と卵白は分けておく。
  3. 1. グラニュー糖、卵黄を合わせて白っぽくなるまで泡立てる。
  4. 1. 卵白をしっかりと泡立て、2.をやさしく混ぜ合わせる。マスカルポーネを加えて混ぜ、角切りにした干しイチジクと蜂蜜を加える。
  5. 1. 卵白は角が立つまで泡立て、2.にそっと加える。
  6. 1. グラス容器またはお皿の底に、スライスしたブリオッシュを敷き、グラスのふちに沿ってスライスした生のイチジクをはりつけ、マスカルポーネ クリームを入れ、しばらくの間(12時間-24時間位)冷蔵庫に入れる。仕上げにイチジクのジャムを飾る。
    ※アプリコットまたはプルーンでも。

ポイント1:いちじくの甘みと酸味を生かす!

爽やかな酸味と甘みのバランスがいいフレッシュと、ギュッと甘さと風味を濃縮したドライ。両方使用することで、いちじくの魅力を多面的に引き出す一品です。イタリアで昔から「桃には水を、いちじくにはワインを」と言う通り、コーヒーや紅茶はもちろん、赤ワインにもよく合います。イタリアの赤いスパークリングワイン、フリッツァンテとの相性もばっちりです。

ポイント2:果物、生地を変えてアレンジしても。

酸味と甘みが適度にあるフルーツであれば、アレンジ可能です。ミルクの風味が一段と濃い、ガルバーニ マスカルポーネと濃厚な風味のいちじくに合わせて、このレシピではバターのコク豊かなブリオッシュを合わせていますが、フルーツの種類によって生地を変えてもよいでしょう。ブルーベリーやチェリーのようなアントシアニンを多く含む果物にはカカオ風味の生地を合わせたり、生地にチョコ入りクッキーを混ぜても。 マスカルポーネ」を使うこのデザートは要素がシンプルなだけに、アレンジ自在。ジェラートを添えてパフェ仕立てに。また、ラングドシャの器に盛り付けても。エスプレッソやコーヒー、紅茶とはもちろん、スプマンテやプロセッコなど泡ものと合わせてもおいしくお召し上がりいただけます。

材料(4人分)

  • ガルバーニ マスカルポーネ 250g
  • グラニュー糖 80g
  • 卵 3個
  • イチジク(フレッシュ) 4個
  • 干しイチジク 4個
  • 蜂蜜 大さじ2
  • ブリオッシュ 1個
  • イチジクジャム 100g

前へ

次へ